お歳暮の意味と良さについて

日本の文化、伝統として今でも行われているものの一つにお歳暮があります。
これは年の暮れにお世話になった方に贈り物を持参して回る習慣があったのが、今ではその贈り物そのものをお歳暮と呼ぶようになっています。

現代は持参して挨拶に訪れるというよりもお店から贈ってもらうことが多くなっています。

お世話になったお礼と今後もよろしくお願いいたしますの気持ちを込めた贈り物はもらう方もとてもうれしいものです。



お歳暮は12月に贈るものなので、内容としてはハムやフルーツ、ビールなど高級感があり、お正月に人が集まった時に楽しめるものを選ぶ方が多いです。


遅めに贈る場合にはお正月に食べられる生鮮品なども豪華で喜ばれます。

贈る相手としては、会社の上司、親せき、仲人など目上の方に贈ることが多いです。また会社宛てに贈ることもあります。



その場合は社員で分けられるような個包装のお菓子などが人気です。

感謝の気持ちは言葉であらわすことも良いですが、やはり品物としてその気持ちをあらわすことは伝わりやすいこと、そして相手のことを思って選ぶという行為はその愛情をより深く感じられるものとも言えます。
お歳暮は一度贈ると毎年贈ることがマナーとも言えるので、無理のない金額でずっと続けてい来るようにするのが良いです。
あまり高額のものは相手に負担をかけてしまうことにもなります。



一年が無事に終わること、そしてそれをサポートしてくれている方々へ感謝と愛を伝える良い習慣と言えます。