お歳暮の基礎知識について

お歳暮は、日本古来からある行事で1年を2回に分け先祖の霊を迎えお供え物をして祀ったことが起源で、分家から本家、嫁ぎ先から実家などへお供え物が贈り届けられたことが始まりです。

正月の前の年の瀬を無事に過ごし、新しい年を迎える必需品酒、餅、数の子、するめ、昆布、塩鮭などが贈られていました。

お歳暮の品は昔のように食品だけではありませんが、日頃からお世話になっている方や実家など、一年間の感謝を込めてお礼を贈ります。

お歳暮ののしは、のし紙は紅白の蝶結びのデザインのものを使います。
水引中央結び目の上に御歳暮と書いて、水引より下の段に、献辞よりも少々小さくフルネームが書きます。



贈る時期は、昔は正月を迎える事始めの日である12月13日から贈る習慣がありましたが、今では12月の初めか、早いところでは11月末頃から遅くても12月20日くらいに相手に届くように贈ります。


贈る時期を忘れるなどで年内に届かないと思った場合には、正月の1月6日の松の内までに御年賀として贈ります。



御年賀として贈る場合には、電話か手紙で御歳暮として贈ることができなかったこと、御年賀として贈らせて戴くことを伝えることが必要です。



自分や相手が喪中であってもお歳暮は普段お世話になっていることへの感謝の気持ちを贈るものなので御歳暮を贈り合うことは差し支えないことですが。

忌中の場合や気になる場合などは事前に先方にお断りをいれ、時期をずらして寒中見舞いとして贈ることも良い選択です。