贈る相手によって選ぶお歳暮の品物

お歳暮を贈る際、誰にでも全て同じものを贈っているという方もいるかもしれません。
しかしお歳暮は、感謝の気持ちを表すためのものであるため、できれば相手が貰って喜ぶような品物を選ぶことも大切でしょう。



そして贈る品物は、相手と自分の関係性によっても変える必要が出てくる場合があります。

まず、お歳暮を贈る相手が会社の上司である場合は、ハムやカニといった食品が喜ばれるほか、年末年始でよく飲む機会のあるお酒もよいと言えるでしょう。



ただし、相手がその食品を好まない場合や、お酒を飲まない場合などは、当然それらの品物は避けたほうがよいと言えます。

ですので、相手が何を好むか分からない場合は直接尋ねるのもよいでしょう。また最近は、ギフト券などを贈るケースが増えていますが、会社の上司などの目上にあたる方に対してギフト券を贈るのはマナー違反とされているため注意しましょう。

次に、相手が親戚の場合は、会社の上司のケースと違ってギフト券も喜ばれます。



ギフト券であれば、自分の好きなものを選ぶことができるため、あまりいらないものを贈られるよりいいという場合もあるでしょう。


他にも、洗剤やサラダ油といった日用品や、コーヒー・お茶などの飲み物も喜ばれる品物だと言えます。

さらに、相手が友人や知人の場合は、品物の金額もやや安めのものでよい(3000円程度)とされていますし、実用的なものが喜ばれると言えるでしょう。
ただし、相手の好みに応じた品物を選ぶことは大切だと言えます。