お歳暮はもともと中国がルーツです

お歳暮のルーツはもともと中国にあり、中国では神様のお祭りにおいてお供え物を季節毎に贈っていて、1月15日を上元と言い、7月15日を中元と言い、10月15日を下元と言っていました。

これらのイベントに日本の昔からある「お盆」という祖先の霊を供養するイベントが混ざり合い、「お歳暮」や「お中元」になったとされています。お歳暮の歴史がスタートしたのは室町時代と言われていて、その後江戸時代において一般的なイベントとして全国に広まりました。



明治30年頃、現在のようなスタイルになったそうで、もともとお歳暮はお正月に先祖の霊を迎えるお祭りのお供え物として贈られていた経緯があります。

新年に向けて「福」を呼び込むためのお供え物で、当時の定番は塩鮭や鰤・餅などのいわゆる年越しに必要なものや、お神酒のつまみになるかずのこやスルメなどの珍味でした。

今すぐ見つかるお歳暮の通販との上手な付き合い方をお知らせします。

基本的に日持ちがするものを選択していて、分家した人やお嫁にいった人が本家や親元などのために12月31日に贈る風習です。
江戸時代には武士の組合があって、その組頭に贈り物をしていたらしく、その後街の商人たちが年末に贈り物を持参し、得意先に挨拶周りをしていたことから一気にその風習が広まったとされています。

明治30年代、親や親戚はもちろん、お得意様などにもお歳暮を贈る風習が定着し、現在においてもそのまま残っていて、今も年末に近づくと親戚の間やお世話になった人などに贈り物をしている人が多くいます。