お歳暮を贈る時期について

お歳暮は年末に贈るものですが、ある程度目安になる時期というものもあります。

地域によっても多少異なりますが、一般的には12月の13日~20日までがその時期とされており、遅い場合でも25日までとされています。この時期は年末の忙しい頃になるため、あまり遅いと相手に迷惑がかかってしまうことになるので注意が必要でしょう。
そして最近では、お歳暮を贈る時期は早くなっている傾向にあり、11月から贈るケースもあると言われています。

しかし、お正月に使う食品を贈る場合は、早めに贈るよりも年末が迫った時期のほうが喜ばれるため、贈る品物によって時期を考えることも重要でしょう。
そして、うっかりお歳暮を贈る時期を逃してしまった場合については、翌年始めに贈る「御年賀」(関東では「松の内」)として贈ることも可能です。

時期については、地域によっても異なり、関東の場合は1月7日まで、そして関西の場合は1月15日までに贈るとよいとされています。



贈る品物については、お歳暮の品と同じようなもので構いませんが、遅れてしまったことをお詫びする手紙などを添えることが必要になるでしょう。



さらに、御年賀にも間に合わなかった場合については、「寒中見舞い」として、立春にあたる2月4日までに贈るとよいとされています。

また、宅配で送った場合、品物がちゃんと相手に届いたかどうか気になるという方も多いでしょう。

その際は、宅配業者へ問い合わせると教えてもらうことができます。