お歳暮で送ってはいけないもの

お歳暮の季節になるとなにを送ろうかと悩んでしまう方も多いはずです。

基本的には贈る相手のことを考えて、喜ばれそうなものを選ぶようにすれば、大きな失敗をすることはありませんが、1つだけ注意しなければいけないのがお歳暮で送ってはいけないものを選ばないようにすることです。



お歳暮で送ってはいけないものは相手の嫌いなものや苦手なものだけではありません。

実はそれ以外にもいくつかあります。

その代表的なものが現金や金券です。

ビール券や全国共通の百貨店ギフト券などの金券はお祝い事などでもらう機会があるのでお歳暮でも送っていいと考えてしまいがちですが、昔から現金に分類されるものはお金に困っている人という意味になってしまうため、失礼にあたるとされています。


最近ではそれほど厳格ではありませんが、相手によっては不快にさせることもあるため、避けた方がよいでしょう。

次にハサミや包丁などの刃物類などです。



贈り物としてこうした商品を選ぶことはほとんどないといえますが、相手が料理好きだからと選ぶことがあるかもしれません。

しかし、刃物類は縁を切るという意味合いを持ってしまうため、贈り物としては不適切といえるのです。

最後は筆記用具です。



受験生や資格試験の勉強をしているような方になにか贈ろうと考えた時に選んでしまいがちですが、筆記用具を相手に贈るということは、もっと勉強や仕事に励むように強制する意味合いとなりますので、頑張っている人に対して送るには失礼にあたります。

このように相手のことを考えて選んだお歳暮が失礼になってしまうこともあるため、送ってはいけないものをしっかり把握して失礼がないようにしましょう。