お歳暮を贈る時期や注意点

お世話になっている方に贈る物には、お中元や暑中見舞い、残暑見舞いなどがありますが1年間お世話になって感謝の気持ちを込めて、年の暮れに贈る物にお歳暮があります。

年末になれば忙しくなって準備に追われて焦って贈る時もあります。
お歳暮は贈る時期が適切でなければ、相手に対して失礼になります。


本来は12月13日から12月20日までに贈るのが良いとされています。

年の暮れが差し迫ってからだと年越しの準備も忙しくなり、あわただしくなるので失礼にあたります。

13日からが良いとされるのは正月の準備をし始める日とされているからです。



ギフトを取り扱うデパートでも11月の内から準備を始めてコーナーを設け11月末に発送する方も多く見受けられます。しかし地域によって贈る時期が若干異なるので、風習に合わせる事が重要となります。



地方を問わずとなると12月20日に届けば無難と言えます。お歳暮を選ぶ際には誰でも品物選びに悩むものです。


値段の関係もあり安過ぎても失礼だし、高すぎれば相手に気を使わせてしまいます。

一般的に予算として3、000から5、000円程度が適切でギフトコーナーでも多く取り扱われている価格帯です。

お歳暮は、相手の好みや家族構成を考えると喜ばれます。小さいお子さんがいる家庭では、お菓子屋ジュース、花が好きな方にはフラワーギフトもあります。


全く見当が付かない場合には、調味料や乾物などの長持ちするものがお勧めとなります。